FC2ブログ

バクトフードSPが4月より変わります。

久々のバクトフードSPです。・・・(汗)
IMG_4518_201902041532005bc.jpg
IMG_4516_201902041532392e4.jpg
長年の困難な研究の末に産まれた世界初の画期的な大発明バクトフードSPですが・・・
4月から新たに培養したボトルと従来品を組み合わせたセットを売り出します。

IMG_0849.jpg
バクトフードSPとは、ろ過の唯一の答えと言える脱窒還元を行える通性嫌気性バクテリア
(詳しくは解りません。)を海水飼育の場合は天然海水や水槽の海水を利用し、淡水の場合は
川の水や水槽の水を利用して誰でも手軽にペットボトルを利用して大量に長く培養し続ける
事が出来る、まさに夢のバクテリア培養専用の究極のエサなのです。


*簡単な説明ですが・・・
①その効果はお勧めは致しませんが、培養液を入れた瞬間からサンゴも魚も飼育が可能です。
*但し、詳しい知識と経験が無いと大変危険です。

②バクトフードSPは使い捨てでは有りません。培養液が少なくなれば飼育水を足せば最低でも
5年以上は使用する事が出来ます。10Lの水槽でも1tの水槽でも同じような感じです。

培養したバクテリアは生きていますので、長く放置したり高温や何らかが原因で死んでしまう
事が有りますが、そんな時は培養液だけを捨てて再度培養も出来ます。

④厄介な硫化水素すら発生させない又は、発生してる水槽でも分解する力が有ります。

⑤毎日少量を添加するだけで、システムに関係無く環境の限界迄硝酸塩を押さえ込めます。
(環境の限界とは、脱窒還元可能なスペースと生物やエサの量等で変化します。)

⑥少量添加を続ける事で、簡単には崩壊致しませんし、万一の立ち直りも奇跡的に早くなります。

⑦コストパフォーマンスに優れ過ぎておりますので、現在の市販バクテリアでは比較対象とする
商品は一切存在しておりません。しかも再利用も出来ます。

簡単な紹介ですが、従来のろ過バクテリアの考え方の遥か彼方の上を行くのがバクトフードSPです。
*様々な試験を行っておりますので興味の有る方はコチラを全て御覧下さいませ。

ろ過バクテリアの究極の答えです。
バクテリア(菌)は種類も多く、良くも悪くも様々な役割がありますが、現在うさんくさいと
思われがちなバクトフードSPで培養したバクテリアですが、どんなに良いと言える、ろ過
バクテリア(菌)も何れ死んでしまい最初から最後まで必ず生き残り様々な良い働きを行い
しかも脱窒還元も行う事が出来るバクテリアこそが絶対にろ過の答えなのです。・・・

☆その唯一の答えを末永く大量培養出来るのがバクトフードSPなのです☆


今回何故?培養済みとの組み合わせ販売をする事にしたのかの経緯です。・・・
IMG_5356.jpg
P2020026_201902041519440bf.jpg
寿命や臭いの試験も、あれから2年も経ちますが、多くの量が違うボトル試験でも臭いの変化が
様々で正確に大きいボトルや多くの水量が有効だと言う事も現在迄の試験で正直言い切れない
結果ですので、唯一の弱点とも言える培養後についてはボトルが2個有れば片方に疑問が有る
場合に、それを再培養する事で常に新鮮なバクテリアが供給出来る事と始めての場合の不安も
解消出来ますし、近くで海水や飼育水が入手出来ない場合や直ぐに使用したい他、バクトフー
ドSPは2個準備する事がベストで唯一の弱点を克服出来ると思ったからです。
それにが原因で御使用中の方々も使わなくなった?と感じるからです。

バクトフードSPは何度でも再利用出来ますので捨てないで下さいませ。



4月より培養済みと従来品の組み合わせ販売もさせて頂きますが、従来品だけの販売も変わらず
継続致しますので、現在御使用中の御客様も、もうひとつ御購入されて培養したバクテリアの唯一
の弱点克服をされては如何でしょうか?


にほんブログ村 観賞魚ブログへ
にほんブログ村



スポンサーサイト

♨珍発明かっ!もしかしてソイルの弱点がっ!♨

現在オリジナルなソイルの試験中では有りますが、必ずリセットが必要となるソイルも
世界初究極のバクトフードSPで自家培養したバクテリアで通常以上にソイルの寿命を
オヤジだけが大幅に伸ばしているのですが、シンプルに考えれば土を固めて作られた
ソイルは早い段階で底側から粘土状になり、栄養分が蓄積され続け徐々に水草の状態が
悪くなり、ほっておくと硫化水素の発生も十分に考えられます。でもバクトで硫化水素
問題は解決してます。
海水に例えれば富栄養塩の環境と同じだと思います。そこで今回
淡水のソイルで海水のベルリン式みたいな事が出来るのではないのか?っとオヤジは
前々から考えているだけでしたが、ちょど良く試験用のソイルが手元にいっぱい有るので
*ソイルの弱点を少しでも克服出来るのではないのかと?とってもうさん臭い手法を
考えついてしまいました。・・・またもアクアに余計なもんの持ち込みばい。汗
PA190003.jpg
現在淡水アクアでは多くの方々が御使用中のソイルです。でもリセットは出来るだけ
長引かせたいっと言うのが本音だとオヤジは勝手に思い込んでおります。・・・

そんな不可能な問題もバクトフードSPならもしかして・・・
っと言う訳で・・・
PA190005.jpg
①袋の中にソイルを入れ、その上にバクトフードSPをふりかけて・・・

PA190008_201810191440156f4.jpg
②良くふりふりしてソイル全体にバクトフードSPを絡み付けました。

PA190007_20181019144710f30.jpg
偶然にもソイルとバクトの相性がとっても良くて均等に絡み付きました。
*このバクト付きソイルを<菌床>として使用すればオヤジが散々試験したバクテリアの
働きでソイルにも新たな未来が開ける・・・かも知れない。

☆オヤジの菌床(きんしょう)使用法とは・・・
このバクト付きソイルを立ち上げの際に最初に水槽に1cm程敷いてから通常のソイルを
上に敷くだけ・・・たったそんだけです。もしかしたらコレだけでソイルも脱窒還元が
スムーズに可能になり、海水で言うベルリン式っぽく・・・なるのかも知れない?
*多忙なオヤジはココからの試験はしばらく出来ないと思いますので、私がやりたいと
思う猛者な方はオヤジ宛にモニター希望のメールを下さいませ。 info@aqualand.co.jp
若干名の方々に無償でバクトでもバクト付きソイル(菌床)でも送らせて頂きます。
*但し、ビギナーの方々や初めてのソイル使用の方々はお断りさせて頂きます。
だってソイル経験が豊かな方でないと・・・なんにも解らないと思います。・・・汗
何卒御理解下さいませ。・・・っと言ってもこのブログの観覧者は超少ないので・・・
やっぱしオヤジが行うしかないような気がします。涙


おまけ・・・年期が入り過ぎてよれよれだった工具を買い替えました。
PA190010_201810191518318e4.jpg
これで更に現場で猛烈に沸き上がる事が出来ます。


     そんだけです。






♨アクアランドは明日15時からオープンです♨

適度に長い正月休みも終了し・・・アクアランドは明日15時からのオープンです。
御来店されるだけでもポイントのサービスが有りますので、御来店の際はポイント
カードを御持参されて下さいませ。
P1040023.jpg
本年もアクアランドを宜しくお願い申し上げます。




おまけ・・・新年からバクトで救われました。
何気にバクテリアも色々有りますが、こんな時に役に立つバクテリアって・・・バクトだけやろっ!
P1030029.jpg
P1030031.jpg
年末辺りから何がいけないのか謎ですが、ハタゴイソギンチャクの1匹があちこちに移動をしていて
最後に見た時はガラス面に張り付いておりましたが、先日2日に店内で若干の悪臭に気が付き・・・
なんと水槽内が酷い事になっておりました。バクトを投入してない水槽ならこの状態では完全に
完璧に生物は全て死滅していると断言出来ます。・・・普段から少量のバクトを投入してますので
多少の事では崩壊しません。硫化水素も怖く無いっ!

P1030036.jpg
ネットで掬い取った腐ったハタゴイソギンチャクです。しょぼいベルリン式に、この状態の腐敗物が
有れば確実に崩壊してる筈です。・・・この後の処置はバクトをちょいと約20cc程度投入しただけ
です。たったこんだけのちょろい作業で・・・コストはたぶん1円以内?謎

P1040024.jpg
二日後の今日はこんなに綺麗に仕上がっております。このとってもうさんくさいパワーこそがっ!
バクテリア本来の力なんです。・・・♡信じる者は救われるよん♡・・・by アクアオヤジ


         そんだけです。

♨磯焼けと向き合う時期が来たような気がする♨

さりげに気に掛けてる緑の海水が、今日はさらに濃くなっておりました。
PC110023_20171211131053b56.jpg
バクトフードSPで培養したバクテリアを長年使用し、多くの謎を独自に解き明かしたと
自負してるオヤジですが・・・バクテリアの限界を知るオヤジの最大の壁は、蓄積する
バクテリアでは分解出来ない謎の成分こそが水槽内が自然の海にならない最大の原因だと
考えている訳なのですが、・・・この大問題も水槽内で自然発生する天然のプランクトン
の循環に成功すれば、解決出来るのでは?と日々さりげに自分の時間の許す範囲で根気強
く無駄とも思える試験を繰り返しております。早い話が鑑賞用以外の全てを水槽内に持ち
込まずに必要なエサの循環供給が可能になれば、モナコ式よりも多くの魚やサンゴが足し
水程度で簡単に飼育出来るのでは?と考えております。*水槽内で発生する天然物は全て
生物が取り込んだ後の排泄物も含めて全てはバクテリアが完全分解するとオヤジはシンプ
ルに駄目元覚悟で考えているのです。汗


今回は20年程前から気になっている自然の海と水槽飼育とで役割が矛盾している磯焼け
ついて、そろそろ向き合う時期に来たような気がします。
特にミドリイシに夢中な方々には大きな突破口の入り口なのかも知れません。
*水産庁のデータ対策ガイドライン
*但し、個人の自由ですが、ちっちゃなリフジューム程度では屁の突っ張りにもならないと
オヤジは思います。・・・♨その先をまったりと模索中です♨



          そんだけです。

♨ガチンコ試験・・・ひとまず終了です♨

長い事ガチンコ試験を継続しておりましたが、本日A水槽のコバルトが死亡していた為に
強制終了する事に致しました。・・・突然ですみません。(T_T)
PA250014.jpg
来るべき時が来たと言う感じです。・・・原因は寿命と言う事にしておきます。
早いもので、記録は今日でちょうど1年8ヶ月目でした。恐らくB水槽のコバルトも
同じ時期に石垣島から入荷した個体ですので、寿命が近いと考えております。
*大きな水槽で有れば3〜6年は生きたと思いますが7L程度の小さな水槽ですので・・・
ストレスなんかで新陳代謝が早まったと思います。

PA250013_201710251924096a8.jpg
長い事ガチンコ試験御覧頂きまして誠に有り難う御座いました。(。>ω<。)ノ

全く同じ条件の水槽が2台ですので、時間が有る時に次のガチンコ試験を行う予定です。
今後もバクトフードSPを何卒宜しくお願い申し上げます。


       そんだけです。






プロフィール

アクアオヤジ

Author:アクアオヤジ
FC2ブログへようこそ!
アクアとタバコとお酒の他にも♡好きなもんがいっぱい♡
最近はダイエット料理研究家として勝手に頑張っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR