バクトフードSPで大型水槽の立ち上げです。

今回はバクトフードSPで大型水槽の立ち上げを行ないました。

弊社の仕事は新店舗等での水槽の設置も多くバクトフードSPを発明する迄は枕を高くして
寝る事が出来ませんでした。

新規店舗や新規建物等の場合はオープン日のみが決定している場合が多く、建築は大抵は
遅れるもので、しかも最後の最後に水槽の設置となる行程が普通なのです。
アクアのプロで有る以上は決まったオープン日には絶対に魚他全て、そこそこに投入して
おかないと折角の新規オープンで最大とも言える見せ場の水槽設置の意味が全く有りません。
当然過去に一度もそれは無理ですよ〜〜っなんて言い訳なんかした事有りませんが、その分
一般の皆さんが想像も出来ない大変な苦労が数知れず有りました。

しかし、バクトフードSPを発明し使用開始してからのここ数年は以前とは、何もかも比較
出来ない程に楽に立ち上げが出来るようになりました。まさに世界一楽に立ち上げていると
言っても全く過言でも大げさでも嘘でも有りません。事実なのです。

今回は全て現場施工での作業で大型海水魚水槽立ち上げの弊社最短記録です。
(サンゴでも魚でも淡水でも水草でも400L以下なら1日立ち上げの記録は沢山あります。)
今回の水槽サイズは2.600x450x1.000Hで総水量は約1.200L程です。
1日目=水槽、架台の搬入のみ(夕方搬入の為に配管なんかは一切出来ませんでした。残念)
2日目=配管作業後に濾過材や砂に岩を投入し、真水を入れて循環(汚れ落とし)
3日目=真水を捨てて人口海水を作り循環 *(培養液約200cc投入)
4日目=魚投入(仕上げ迄の60%の魚) *(培養液約30cc投入) 
5日目=魚投入(追加で20%の魚投入)この日がオープンでした。フードタイマーも設置。
*3〜4日目以降は一切培養液は入れておりません。
オープン迄に80%程の魚を投入しましたので一切の何の問題も無く大変に喜んで頂きました。
今日で魚投入後10日目になりますので初めて水質のチェックを行いました。
残りの20%の魚は慎重に安全に配慮し、来週当たりに投入する予定です。
PA230009.jpg
1日目は水槽と架台の搬入のみで、時間の関係上他の搬入や作業は一切出来ませんでした。

PA240005.jpg
2日目は張り切って濾過槽他を搬入後、配管作業と真水を入れる作業迄が理想的に
行なえました。大きな水槽の為に濾過材や岩他全てを清掃も兼ねた真水での循環が
必要だと現場で判断致しました。照明他水漏れ等の点検も必要です。
この時点で迫るオープン日は余裕となりました。ほっと一息です。

PA260023.jpg
3日目は各所の点検を行いながら、のんびりと真水を捨てて新たに真水を入れて、その場で
人工海水(シーライフ)を作り、最後にバクトフードSPで培養した培養液投入で作業終了です。
もうなんの心配事も有りません。種砂なんてもう過去のものですね。

PA270012.jpg
4日目は大きな魚も小さな魚も見応え有るように投入しました。
明日はオープンですが、余裕です。

PA270011.jpg
5日目のオープン日の午前中に魚も追加で、見た目は派手で沢山の魚が元気に泳いで
おります。

PB070003.jpg
そして、魚を投入してからたった一度覗いただけで10日目の今日迄は水質チェックも
点検も何もしてませんが、過去の多くの経験で何も怖いものは有りません。
そして今日のペーパーでの試験結果です。こんな簡単な試験紙の結果でも・・・
亜硝酸と硝酸塩は0です。この事実は過去に数多くの立ち上げを頑張って乗り越えて来た
プロ中のプロしか理解出来ないと思いますが、結果のみが全てを語る謎多きアクアの世界
で唯一信頼出来るバクトフードSPによるバクテリア自家培養による立ち上げの力なのです。
後は少量(可能で有れば毎日1cc以下程度でもOK)添加するだけで、この環境全ての限界迄
硝酸塩を押さえ込む事が可能なのです。
*以前の壊れたブログでも紹介していましたが、夏場の設置で移送中に状態が悪化した
ライブロックなんかも、アンモニア〜硝酸塩迄生物濾過の力を限界迄可能とした事は
使用している方々の中でも多くを経験し理解された方々にしか解らない事実なのです。

*もう既に多くの不可能を可能にしたバクトフードSPの力は未だに多くのアクアリストに
理解されていないのが少し残念ですが。っと言うよりも濾過バクテリアの力自体が現在も
多くを理解されて無いように思います。
経験も知識も僅かしかないのにオーバーフローが一番なんて夢を追い求める前に外部式でも
このバクテリアの力で硝酸塩が低下する事実を理解した上でオーバーフロー等の高額な機材
が使いこなせるものなのです。外部式が硝酸塩製造工場なんてもう時代遅れもはなはだしい
笑い話にもならない真実が理解出来ているのは経験者と私だけなのかも知れませんね。
外部式に限らず全てのシステムにも嫌気域が必ず存在しているのです。
通常の手法よりも日々少量の添加を行なう事で完璧なバクテリアバランスが出来るのです。

この手法こそが過去記事で紹介した。全てが好気性に傾く濾過の秘密を解いた・・・・・
もやもやゾーンの唯一の解決手段なのです。

 



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすがバクトフードSPですねー。
こんなに簡単に立ち上げできるなんて(^ 0 ^)

にしてもでっかい水槽ですねー♪
どんだけ人工海水いることか(笑)

No title

とっしーまいどっ♡

Q さすがバクトフードSPですねー。
こんなに簡単に立ち上げできるなんて(^ 0 ^)

A そうなんですっ!キリッ!
濾過の謎はオヤジが見事に突き破りました〜〜〜〜っ♡
今は怪しげなバクトも何れは偉大なバクトになり・・・・・・・
全ての濾過はバクトの後に続く感じですなっ♡


Q にしてもでっかい水槽ですねー♪
どんだけ人工海水いることか(笑)

A でも楽勝よん♡バクトがあるんで〜〜〜〜〜〜っ♡

No title

えっ〜と、バクト経験者の1人です。
水槽の立ち上げ時は経験していませんが、何年経ってもメンテナンスに欠かせないと思います。
先日もイシが原因不明の病気になって、普通なら部屋中、汚臭で蔓延するところをバクトのおかげで、半日で水槽内からも臭いが消えました。
一瞬、NASAの宇宙ステーションのトイレでも使える強力な消臭剤かと思ったくらいです。
まあ、臭いの元は、好気性バクテリアと臭いを放つバクテリアの増殖ですから、バクトで培養されていたバクテリアは、それらに打ち勝つことができるのでしょう。

と、へっぽこな飼い主には、ものすごく役に立つ逸品です。

あっ、もちろん普段の水質管理が重要です。

No title

MASAYUKIちゃんまいどっ♡

Q えっ〜と、バクト経験者の1人です。
水槽の立ち上げ時は経験していませんが、何年経ってもメンテナンスに欠かせないと思います。

A そうなんよね〜〜〜っ♡
オヤジはもうバクト無しでは仕事はせんですなっ♡マジ♡


Q 先日もイシが原因不明の病気になって、普通なら部屋中、汚臭で蔓延するところをバクトのおかげで、半日で水槽内からも臭いが消えました。

A RTN?
腐敗するもんは強力に分解するんで 、その恩恵ですなっ。


Q 一瞬、NASAの宇宙ステーションのトイレでも使える強力な消臭剤かと思ったくらいです。
まあ、臭いの元は、好気性バクテリアと臭いを放つバクテリアの増殖ですから、バクトで培養されていたバクテリアは、それらに打ち勝つことができるのでしょう。

A 以前の壊れたブログで試験したけど、臭い便所の床に淡水で培養したバクト培養液
を霧吹きしたら30分後くらいから匂いが低下しましたよん♡アンモニア臭ばいばい♡


Q と、へっぽこな飼い主には、ものすごく役に立つ逸品です。

A まいど〜〜〜〜〜〜っ♡



Q あっ、もちろん普段の水質管理が重要です。

A 観察眼に勝る物無しですなっ♡
プロフィール

アクアオヤジ

Author:アクアオヤジ
FC2ブログへようこそ!
アクアとタバコとお酒の他にも♡好きなもんがいっぱい♡
最近は男の料理研究家として勝手に頑張っております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アルバム
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR